人気YouTuberをビジネス視点で考察する

わんどんです。

 

youtube見てたらいつの間にか昼過ぎです。

 

自由な時間が使えるのって気が楽だけど

時間の使い方は考えたいなと思いました…(笑)

 

たむちんをビジネス視点で考察する

「たむちん」さんっていうyoutuberがいますね。

 

彼は過激な動画と発言をします。

 

ネットではよくあることですが、たびたび物議を醸しますね。

中には非人道的な動画もあります。

 

先に行っておきますが僕はこの記事で、

彼がやっている「食べ物を粗末にしたり器物破損・騒音を立てる行為」を

推奨してるわけじゃないです。

 

当然、いくらエンターテイメントだからといって

やっちゃいけないこともあります。

 

動画の視聴を薦める記事でもないので

万が一、彼の動画を見て気分を害してもクレームは受け付けません^^

 

たむちんさんの「活動方針」には目を瞠(みは)るものがあるってだけです^^

 

たむちんさんのコンテンツの内容は置いといて、

あくまでもビジネス視点で考察してみます。

 

反社会的な活動にも関わらずなぜ彼は支持されるのか。

なぜyoutuberというカルチャーが流行したのか。

 

僕らの活動とも精通する部分があるんですよ^^

 

たむちんと他のyoutuberの違い

とにかく自己犠牲が多いですね^^;

一回動画を見ただけでめちゃくちゃ印象に残ります。

 

普通のyoutuberは「はいどうも~」みたいな鉄板の流れで

主に実験動画の投稿が多いんです。

 

「1500℃の鉄球を○○したら大惨事!」

「架空請求業者の女を口説いたら…!?」

 

僕らみたいな「ひと目で興味を持つ」タイトルを動画に付けて

アドセンス収入やタレント収入を得ています。

 

でも、youtuber事情も深刻で「伸びる人と伸びない人」がいます。

 

そしてお決まりのように「後発組」は動画が伸びないんですよ。

なんでかっていうと「人と同じことをしている」から。

 

youtuber業界はまさに、僕らのブログでもご法度である

「コピーコンテンツ」が蔓延してます。

 

残念ながら、先発組の打ち出した企画のコピーじゃ伸びないんですよ。

どんなに頑張って動画を作っても、です。

 

アフィリエイトも、資産ブログを構築していく段階で

どこにでも書いてあるようなことを記事にしていても

売ることに直結する媒体にはなりません。

 

たむちんはブランディング特化型youtuber

でも、視聴者が安心して見られるのって絶対に

後者の「王道youtuber」ですよね?

 

外で奇声を発しながら半裸で暴れまわる金髪の少年の動画は

普通の人は好んで見ない(笑)

 

それでも、彼は支持される。

 

彼の持つ動画はどれも10~100万再生以上を誇っています。

 

動画のコメントの数も、

HIKAKINさんやはじめしゃちょーさんレベルです。

 

だからぶっちゃけ、自己犠牲が過ぎてもそれが面白ければ再生されるし

直接的なデメリットではない。

 

結果的には別の収入源の確保のための「投資」なんですよね。

 

つまり金銭面で言えば、犠牲にした物品の何倍にもなって返ってくる。

壊して無駄にするのはいただけないですが(笑)

 

でもそこじゃなくて。

 

たむちんさんは自分の利益ではなく、

あくまでも「視聴者目線」でコンテンツを提供できているということ。

 

たむちんスタイルから学ぶブランディング

そして、家族や友人間での世界観を全面に押し出すことも

強烈なブランディングに繋がるわけです。

 

たむちんさんの家庭は親父さんの権力が絶対なので、

「うるさい」という理由だけでなぜかジャージを燃やされます。

 

ゲームをしながら叫び散らしていると無言で親父さんが部屋に入ってきて、

その手に持つハンマーで新品のゲーム機をぐちゃぐちゃに破壊されます。

その数4回以上、開封した瞬間にぶっ壊される動画もありました(笑)

 

たむちんさんの友人がドッキリのつもりで爆竹を投げた部屋が

たまたま実家に帰省していた、たむちんさんの妹である

「かやくま」さんの寝ている部屋でした。

たむちんさんが自分の仕業ではないと言っても普段の素行から

疑われて信じてもらえず、扇風機ぶん投げられて家を締め出されます。

 

目隠しスイカ割りをしている時、たむちんさんの番になると

どこからか持ってきた自身の「iPad」を仕掛けられ、

自らハンマーで叩き割ってしまう。

 

友人に昨日買ったゲーム機を天ぷらにされた仕返しで

そいつのiPhoneにドリルで穴を開けてやりましたが、

実は友人がヒョイッと手渡したのは「たむちんさんのiPhone」

 

親父さんがyoutubeを辞めさせたい一心で相談した友人の告げ口で

MacBook(20万円相当)を破壊されて…

 

これね、言うことなしの強烈なブランディングですよね(笑)

 

これほど唯一無二という言葉が似合う人も珍しい。

 

こうして生活の一部始終を惜しげもなく公開することによって

より一層視聴者を引き込むことができるんです。

 

どんなに非道徳的な動画を公開しても支持されるのは

多くの人が「世界観」に惚れているんです。

 

視聴者を掴んで離さない「ブランディング特化型youtuber」だと言えますね。

 

たむちんスタイルから学ぶマーケティング

媚びることをせず、

動画の中でも「自分の信念」を発信することを意識しています。

 

いわば「キレイ系youtuber」が乱立する中で

ダチョウ倶楽部のように路線がブレることなく、です。

 

活動のコンセプトをニッチに絞っていくと

他のyoutuberでは欲求が満たせない「濃い視聴者」が流れてくるからですね。

 

「ネットはやっぱこれだよこれww」と、

たむちんさんを擁護したり叩いたりして視聴者は楽しむんです。

 

視聴者を楽しませることによって

「再生してください!」なんて言わなくても動画が回る。

 

その証拠に、大手youtuberと変わらぬ再生数の保持者ですが

動画の締めは毎回違うスタイルだし、

動画の最後にありがちな視聴者登録フォームなんかも表示されません。

 

youtubeと言えど、成功する仕組みは

一般的な企業のマーケティングと全く同じです^^

 

物を売るならコンセプトを売れ!っていいますから。

僕らの「セールス」と変わりないんです。

 

欲しい人に欲しい物を提供できている。

 

ビジネス視点なら模範です。

 

僕らの活動にも共通します。

「きちんとブログの読者に向けて発信できているかどうか」って点ですね。

 

ブログが自分のチラシの裏(戯言手帳みたいな意味)になっていないか。

思い付きで中身のないコンテンツを量産していないか。

 

ちゃんと考えてますよね?^^

 

たむちんから学ぶ情報商材アフィリエイトの稼ぎ方

「差別化」

「独自性」

「世界観」

 

それらを「演出」する力。

 

情報商材アフィリエイトで成功するために、とよく言われてるのが

キャラ設定・世界観です。

 

たむちんさんのエピソードには共通点があります。

共通点や信念を一貫させることで、よりイメージ・共感させやすい。

 

「何かが欠落した・奪われた主人公」には誰もが共感します。

 

どんな小説でも映像作品でも、

主人公はその法則で作られていますからね。

 

ブログやるならそういうことを意識するべきですね。

 

PS.

ちなみに個人的には、

だいたいの動画が「ヤラセ」だと断言しておきます(笑)

 

どの動画にも第三者視点のカメラマンがいるので。

 

妹さんとの血縁関係にも疑惑があるようですね。

その辺は他のブログに任せます^^

 

「演出力」が大事だということの根拠です。

 

アドセンス報酬があるはずなのに

「お金がない」という発言も見受けられました。

 

youtuberといえど、顔出しはしてても

その人の「実際」なんて、容易に知りえませんからね^^

 

わんどんでした。

 

 



気になる点があれば
なんでも質問、相談してください^^

「ネットで稼ぐって、なに?」
「自分に合った方法はどれ?」
「この教材、大丈夫なの?」などなど。

よくある質問も掲載してます。


→わんどんにメールしてみる

プレゼント付メルマガのご案内

完全個人・完全匿名で活動し、
ネット収入のみで生きる「秘訣」とは?


アフィリエイトで稼ぐ方法


↓いつもクリックありがとうございます^^↓





コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

わんどんです。
 
僕と一緒に「自由」を目指せる
メルマガ講座をやってます。
 
⇩⇩⇩⇩⇩
 
【メール講座はこちら】
>>>プレゼント付き<<<

 
わんどん
 
月収90万円達成。
 
実名・顔出し一切無しで
ひっそり稼いでます。
 
何にも縛られずに
僕と一緒にのんびり
生きていきましょう^^
 
知っているか、いないか。
やるか、やらないか。
頑張れるか、頑張れないか。
継続できるか、できないか。

 
ネットビジネスの成功論なんて
これっぽっちです。
 
【詳しいプロフィール】
 
 
 
僕と一緒に「自由」を目指せる
メルマガ講座をやってます。
 
⇩⇩⇩⇩⇩
 
【メール講座はこちら】
>>>プレゼント付き<<<

わんどんからのプレゼント

このページの先頭へ